歯のケア、昔はどうしてた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。 

 

じっと春を待ち続けていたお花の蕾も、

新年度から始まる新しい環境への期待も膨らむこの季節。

3月のイベントと言えば、ひな祭りですね。

可愛らしいお人形を飾って眺めて、とても楽しいですよね。

ひな祭りは、平安時代の無病息災を願う

お祓いの行事がルーツになっているそうです。

 

さて、現代では歯の悩みや歯のケアのために歯医者さんへ行きますが、

昔の人々は歯のケアをどのようにしていたのでしょうか。

 

紀元前4,000年のミイラには歯槽膿漏にかかった形跡がある、

という記録から古くから歯の悩みはあったようですね。

平安時代では、位の高い方だけ抜歯などの歯科治療を受けることができました。

まだ現代のように抜かずに治療する技術はなく、抜歯が一般的だった時代です。

当時歯のケアといえば、うがいや、楊枝。

楊枝は、歯ブラシが今私達が使っているような形になる明治時代まで、

歯の汚れを落とすものとして進化し民衆に大変重宝されたと言われています。

つまようじといえば「丸いもの」と、ほとんどの人はそう思っているでしょう。

しかし、食べかすを取り除くものとしては、欧米をはじめ世界中で、

二等辺三角形の三角ようじが主流なのです。

詳しくは、広栄社のつまようじ資料室をご覧下さい。

http://www.cleardent.co.jp/siryou/index.html

 

江戸時代では、歯が痛くなったとき、内科医や外科医の他にも、

医師免許のない入歯師や歯技師といった人々も治療にあたることがありました。

現代のように歯科医師の地位が確立されたのは、明治から昭和にかけてのことです。

 

今は、歯ブラシや歯間ブラシ、糸楊枝なども充実し、

歯の悩みだけでなく歯のケアについても

気軽に専門の先生に相談できる時代になりました。

痛みがなくても、磨き残しのチェックや

気になること等がありましたら、いつでもご相談ください。

お待ちしています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加