寒さと乾燥の対策、ちゃんとしていますか?

こんにちは。

 

今年もいよいよ残りわずかとなり、寒さがひとしお身にしみるころとなりました。

 

この時期はついつい身体に力が入ってしまい、

気がつくと肩がこったり、顎が痛くなってしまうことがありませんか。

また、寒いと虫歯でもないのに歯が痛くなる経験がある方も少なくないと思います。

 

寒い日の夜には、眠っている間に無意識で歯を食いしばってしまい、

顎が筋肉痛になったり、歯が痛むように感じることがあります。

また、歯が冷えている時に温かい物を飲むと、歯の神経が感じる寒暖差や

知覚過敏で痛みが走ることも。

 

これらの痛みは、体を冷やさないように心がけることで改善が期待できます。

ただし、本当にむし歯や歯周病が原因の場合もありますので、

安易に寒さが原因だと判断して放置しないよう、注意が必要です。

おかしいな、と感じたら早めに歯医者さんで診てもらいましょう。

 

また、冬はお口の中も乾きやすく、乾燥して唾液が少なくなるとむし歯のリスクが高くなり、

口臭の原因にもなってしまいます。

 

唾液がしっかり出るよう、よく噛んで食べることを心がけましょう。

口を閉じてゆっくり噛んで食べると、お口を閉じるトレーニングにもなります。

お口の乾燥を防ぐには、鼻呼吸を意識してください。

 

寒いと小さく口が開きがちですが、『あいうべ体操』などで鼻呼吸のトレーニングをしましょう。

風邪の予防にもつながります。

(あいうべ体操についてはこちら→http://www.aiube.com)

 

これからの時期は、忘年会やクリスマスなどの行事で美味しい物を食べる機会も多く、

また生活リズムも狂いやすいです。

 

忙しい中でも、夜の歯磨きは丁寧に、フロスや歯間ブラシも使ってお口の中を清潔に、

いつも口を閉じて鼻呼吸し、冬の寒さに負けず元気に冬を乗り越えましょう!

お電話